夏に食べたい一品!すり鉢不要ツナ缶で作る【冷や汁】

ご飯
この夏絶対に食べておきたいツナ缶で仕上げる[冷や汁]の作り方。作り方は一緒なのでその他の焼き魚でも同じように作れます。

▼~材料~2人分▼
きゅうり・・・2分の1本
茗荷・・・1本
大葉・・・5枚
ツナ缶・・・1缶
絹豆腐・・・150g
味噌・・・大さじ3
すりごま・・・大さじ2
醤油・・・大さじ2分の1
みりん・・・大さじ2分の1
出汁・・・500cc
(又は水500ccにほんだし小さじ2)

——レシピ——
①きゅうり⇒薄くスライス。
ボウルにきゅうりと塩2つまみ
を入れて塩もみする。ペーパー
でしっかり水分を拭き取る。
茗荷⇒縦半分にカットして、
横に2本中心くらいまで切り込み
を入れたら端から細かく千切り
にする。
大葉⇒重ね軸を切り落とし、
手前から巻く。端から細く切り
千切りにする。
ツナ缶⇒しっかり油分を取り除く。
豆腐⇒ペーパーで余分な水分を
拭き取る

② ※ここの味噌を焼く工程は
時間がなければ省いてもOK
ですが、時間に余裕があれば
ぜひやってみてください※
味噌とすりごまをしっかり混ぜ
合わせる。フライパンにごま味噌
を薄く全体にのばし、弱火にかけ
端っこが茶色になるまで焼く。
(※味噌を焼いてない方は調味料を
合わせる次の段階から⇒⇒)
大きめのボウルに焼き味噌を入れ、
軽くほぐして粗熱を飛ばす。醤油,
みりんを入れて混ぜる。そこへ
出汁を数回に分けて入れ、味噌を
溶かす

③大きめのボウルや容器に氷を
たっぷり入れ、その上に②の汁が
入ったボウルを乗せる。ツナ,
きゅうり,豆腐(手でちぎりながら)
を入れ、混ぜながらキンキンに
冷やす

ごはんに冷や汁をかけ、薬をのせて
完成!!!!

タイトルとURLをコピーしました